LIFE IS ONCE

**2009年7月よりワーキングホリデーでオーストラリア(シドニー)に滞在中**

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は火曜日。恒例の映画半額DAY

ってことで、見てきました。
キャメロンディアス主演の『My sister's keeper』(邦題は『私の中のあなた』)

My sister's keeper実は最初の15分くらいうとうとしちゃって、最後まで「???」な部分の多かったこと…。
でも、家に帰ってからネットであらすじを調べた所、やっと線と線が繋がった感じです。

主人公である妹アナは、実は白血病の姉のケイトのドナーとなるべく遺伝子操作によって作られた子供。
アナはケイトの命を救うべく幾度となく手術を繰り返してその身を犠牲にしてきたが、ある日アナは、自分の身体の権利を守るべく、両親を相手に訴訟を起こす――というなんとも複雑なストーリー。

アナが移植を拒めばケイトは死んでしまう…。
アナのすることは、姉を見殺しにする行為。

「自分の身体は自分で守りたい」と両親を訴えるアナ、ケイトを最優先に考えアナに迫る母親、何も出来ない父親、非行に走る兄、そしてアナの協力がなければ死んでしまう姉。
アナと家族の戦いが始まった――。

そんな重いテーマを扱った作品ですが、家族の仲はいたって睦まじく、終始暖かな雰囲気をかもしだしてるのです。
途中お約束な感じのお涙ちょうだいなストーリー展開なんですが、やっぱり悲しくて涙がポロポロと…。

キャメロンディアスも、とっても演技が上手でした。
ちょうどこの映画の撮影中にキャメロンは実父を亡くしてるんですよね。。

母親役にキャメロン・ディアス。
アナ役にリトルミスサンシャインのアビゲイル・ブレスリン。

日本では12月公開予定です。
公式サイト。


☆ブログランキング参加中☆
人気ブログランキングへ
↑↑一日一回クリックお願いします












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://myletterfromoz.blog10.fc2.com/tb.php/54-152d2dd9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。