LIFE IS ONCE

**2009年7月よりワーキングホリデーでオーストラリア(シドニー)に滞在中**

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日インドボーイVarun君に案内してもらったから、今日は一人でシティまで出てみることにしました。
ぶっちゃけ家にいると色々気を使うので…。

優しいマザーで満足はしてるんだけど、どうもステイしてる学生は家のことを色々手伝わなきゃいけないらしくて。
もちろん家族の一員として手伝える限りはお手伝いするけど、あまり自由がないのも煩わしい…。
正直大金払ってまで行動が狭まれるのもちょっと違うかなって。。

食器洗いなんかは手伝って当然の範囲だと思うんだけど、自分の洗濯物じゃないのに取り込んだり畳んだりするのはどうかなーと思うのですよ。
別にそこまで求められてるわけじゃないんだけど、ちょっとした会話の中に「男の子は何も手伝ってくれないし女の子がやっぱりいいわ」とか「今日は忙しいわー。あなたの前にいたコリアンガールはいっぱい手伝ってくれてたから」とか、悪気はないんだろうけど言われちゃって…。
そんな風に言われるくらいなら、直接「kyoko、○○して」とか言ってくれた方がいいのに…。

家族の一員としてお手伝いはするけど、あまり強要されるくらいならオーペア(住み込みで家事手伝いなどお仕事する代わりに3食与えられて+お小遣い程度のお金を貰える)に行ったほうがよっぽどいいと思うんですよ。

昨日の夜はマザーとzoeがお出かけする予定があったから、ご飯の用意ができなかったんです。
そしたらマザーとVarunの会話で、私が既婚暦があるのを知ったからか
「大丈夫よ。kyokoが料理できるみたいよ~。」なんて言ってるのが聞こえて!
冗談じゃない、こんなに何もかも慣れていない環境の中で、自分のだけならともかく人の分まで料理なんかできないから
(しかもVarunはベジタリアンだし)
焦って「No!No!」って抵抗。
結局Varunと一緒にハングリージャックス(=バーガーキング)で食べましたが。。

私はカナダでホームステイを3ヶ月してた経験があるけど、その時とはまた色々と勝手が違くてとまどいます。
リビングでの団欒を大切にしてるので、あまり部屋に閉じこもれない雰囲気。
私は歳も歳だし、あまり過干渉なのはちょっと…。
きっと若い子には、色々と勉強になってこんなステイ先がいいんでしょうね。

後は、洗濯が自分でできないのが不便かな。
30にもなって、人に自分の服を洗濯されるのはちょっと抵抗あります
(って、Zoeは40歳だけどマザーに選択してもらってるけど…)

とまぁ、今回はちょっとした愚痴でした。
素敵なステイ先だとは思うけど、やっぱりホームステイは神経使うから私には向かないのかなぁ。
その国の文化や風習、言語に親しむことができる一番いい機会には変わりないと思うんですが。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://myletterfromoz.blog10.fc2.com/tb.php/10-c1110fda

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。