LIFE IS ONCE

**2009年7月よりワーキングホリデーでオーストラリア(シドニー)に滞在中**

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ハーバーブリッジ

今日で授業は終了。いよいよ明日が試験です。

とはいえ、良く考えたらまだ来て2ヶ月弱だし、今回の結果が悪かろうがこの先いくらでもチャンスはあるし、むしろ帰る前にはまた違う結果が出る(であろう)から今回は模擬試験のようなものということで、そこまで気を張る必要もないのかな。

先生曰く、こっちで受ける方が日本で受けるより点数は下がる傾向があるらしいです。
TOEICはその時の受験者全体の平均点から偏差値方式で点数が決まります。
なので日本の受験者には英語に興味が無いのに仕事や学校の都合でしょうがなく受ける人が含まれてるのに比べ、オーストラリアを始めとする英語を母国語とする国で受けるTOEICはその受験者の多くが英語を積極的に学ぼうとしてる人達なので、全体的に平均点が高くなり、その分点数が取りにくくなるということらしいです。

日本に帰ってからもう一度受けるといいよって。
ふむふむ。じゃぁ気楽に受けよう!

でも、オーナーに「800以上取ったらご飯奢ってあげるよ」なんて言われたから、なんとしてでも奢らせたいなぁ…。
「絶対ですよ!?」って言ったら、「うん、俺の手料理ね♪」って返されたけど…(-_-;)

はー、長いようであっという間の2週間だったなぁ。
終ってしまうのが勿体無い。。
例え点数が取れなくても、価値のある授業だったのでいいです。

ということで、前日にじたばた詰め込んでもしょうがないので、今日はもう寝ましょう。


☆ブログランキング参加中☆
人気ブログランキングへ
↑↑一日一回クリックお願いします

スポンサーサイト
sky
お部屋の窓から。
オーストラリアの好きな所のひとつ。空。
深く、広く、エネルギーに満ちている。

凹んだ次の日の朝も、空を見上げるとパワーが復活して今日も頑張ろうって気になれ、毎晩疲れて帰ってきても、星空を見上げると癒される。

オーストラリアは周りに山がない分、空が広いと思う。
しかもこっちの空は、日本の空に比べ晴天率が高い分雲も少なく、色も濃い。
暑くなったら空を鑑賞する余裕なんてなくなるだろうから、今の内に堪能しとかないと。

=============================================
毎日勉強、キツイです。
こんなに勉強漬けになったの、久しぶり。

2週間突っ走れるかと思ったけど、さすがにここんところちょっと息切れ気味です。
宿題だけでいっぱいいっぱいになってきてしまった…。
頭からプスプス煙が立ち始めましたよ。。(´д`;)・゚・。

いいですねー、こういうきっつい感じ。
カナダでケンブリッジ英検対策コースを取ってたころを思い出します。
あの頃も(実力不足で)ひーひー言いながら勉強してたけど、充実してたなー。

もう一回ケンブリッジ英検コース受けてみようかなって最近思い始めました。
前回FCEのクラスを受けた時は、実際の試験は受けなかったので。
(その時は試験自体に興味は無かったので…)
でも、今回は試験合格を目標に頑張ってみたいな。

せめてもう少し日本でケンブリッジ英検の認知度が上がるといいのに。
TOEICと違ってあんなにいい試験なんだから。


☆ブログランキング参加中☆
人気ブログランキングへ
↑↑一日一回クリックお願いします

さてさて月曜から通いだした学校ですが、結構大変です。。

宿題の他に、高得点取りたければやりなさいって感じで課題も用意されて、結構毎日勉強に追われてます。
頑張った分だけ点数に反映するのかなぁと思うと、頑張らないと…。
2週間で詰め込むだけ詰め込むのにも限度があると思いますが、まぁやるだけやらないとね。

学校が終った後は図書館などで宿題を数時間。
家に帰ってご飯の支度をして、食べ終わって少しテレビ見たりしてゆっくりしたら、また寝るまで課題。
そして次の日も朝から授業…って感じのローテーションの毎日です。
ひたすら机に向かってるけど、夜はもう集中力が続かなくって大変。
すぐネットしちゃうし…。


でも、なるほど。人気の訳が分かります。
授業は面白い。
私は元々授業の中で文法を教わってる時が一番楽しいんだけど、毎日目からウロコな発見があるので面白いです。

いやー、文法が一番勉強してて楽しい~。
覚えた端からすぐ忘れてしまうのが玉に瑕なんだけど…orz


なんだかんだでTOEICの為のテクニックは5%くらいで、あとは一般的にも役立つ文法の知識って感じですねー。
先生が喋るのは、英語が60%で日本語が40%。


通ってる子達も、来たばっかの子もいれば、ワーホリでもうすぐ帰る子もいるし、こっちに来て3~4年経ってる子など様々でした。

いったい2週間後に受けるTOEICでどれくらい伸びるのかは謎だけど…。
毎日問題間違いまくりだし、カナダにいた頃に取った自己記録を更新できる気は、とてもしません…。


人気ブログランキングへ
一日一回クリックお願いします

今週一週間はちょっとのんびり週間。
でも電車のウィークリーパスを買っちゃったし、できるだけ出歩いてはいますよ。

で、来週から2週間ほどTOEICの学校に通うことにしました。
(オーナーのエージェント通して微力ながら広告費貢献。笑)

シドニーの日本人留学生で知らない人はいないであろう、あの超名物先生の授業。
そう、スティーブン先生のTOEIC講座です。

カナダにいた頃もTOEIC専門校はいくつかあって、友達も通って高得点取ってたけど。
海外に来てまで日本人だけで日本語でTOEIC用に勉強してもなぁ…とあの頃は興味なかったんですよね。

でも、読むブログ読むブログ、シドニーに滞在してる留学生の人はほぼ99%この先生の講座を受けているので、どんなもんかと非常に気になってしまって。

そしてこの講座は、2週間と気軽に受けられる上基本的には英語での授業。
しかもスティーブン先生、年内で辞めちゃうらしいです(!)
それ聞いて俄然興味が沸いてしまったんですよねー。
二度と受けられないと聞いて、なんだか受けたくなってしまったという。。

仕事開始まで間が空くし、ちょうどいいので受けてみることにしました。
本当は帰国直前に受けたかったんだけど。。

my room
ちなみにこちらが、新しいお家のmy roomでございます☆


人気ブログランキングへ
一日一回クリックお願いします

今日は学校の課外授業として、近くの博物館に行ってきました。

Hyde Park Barracks Museum

Hyde Park Barracks Museum
名前の通り、ハイドパークにあります。
入場料通常$7
今回は学校が申し込んで学生団体価格なのか?ガイド付き$6でした。

1819年、囚人達の手により、囚人達の宿泊施設として建てられた建物で、その後は女性の移民達の宿泊施設やら、裁判所などとして使われたそうです。

1788年から流刑植民地としてイギリス人の移民が始まったのがオーストラリアのルーツですから、この博物館は歴史的にもとても意味のある建物ですね。

まぁ要は囚人の収容所ですから、中はというと、ムチや足枷の処刑用グッズの展示やら、発掘された当時のネズミのミイラやら(なんか大量にいたらしいですよー)、あまり気分が良くなるものでなかったんですけど(笑)

ミュージアム内
展示品の一部。
ネズミのミイラは写ってないのでご安心を(笑)

囚人達の寝床はハンモッグだったそうです。
展示品のハンモッグは寝てみてもいいですよってことで、ゆーらゆーらしてきました。
実際には大量のネズミやら、糞やらで劣悪な環境だったらしいですが。

女性のガイドさんが付いてくれて、色々と説明を受けながら見学しました。
昨日の授業内で、この施設に関する単語を予め勉強していたので、理解しやすく、歴史・英語双方でとても勉強になりました。

見学は1時間ちょっとくらいかな?
なのでランチはクラスメイトと一緒に、近くのフードコートでtakeawayをしてハイドパークで食べました。
午後は通常授業。。

クラスメイトと



人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。